生命保険会社向けソリューション


日本は本格的な少子高齢化社会に突入し、生命保険市場に対する悲観的な声が聞かれます。しかし生命保険市場の成長のポテンシャルは必ずしも失われておりません。顧客ニーズが「家族のための保険」から「自分のための保険」へ大きくシフトし、ダイレクトチャネルや乗合代理店・銀行窓販チャネルが台頭するといったダイナミックな動きが認められます。

CAPは「営業活動の『標準化』『見える化』」「テクノロジーを活用した営業時間の創出」「データガバナンスの強化」の3つの視点で営業チャネルを活性化し、生命保険販売における新たな価値を提供しスタンダードを確立します。

生命保険営業チャンネルの課題への対応

導入事例1 ソニー生命保険株式会社のケース

「新営業支援システム」「ペーパーレス申込手続」「新顧客管理」による質の高いコンサルティングフォローの実現に向けたシステム構築において、CAPがメインベンダーを務めました。

ソニー生命は「コンサルティングフォロー」をさらに充実させるためのプラットフォームとして「共創プロジェクト」の第2フェーズをリリース。
この第2フェーズでは、新型端末を導入して、ソニー生命が先駆的に確立してきたライフプランニングをベースとしたシミュレーションシステム(LiPSS)などの営業支援システムを刷新するとともに、生命保険の申込手続のペーパーレス化を実現。

「LiPSS」および「Life Planning Support Service」はソニー生命保険株式会社の登録商標です。

代理店向けシステムが陳腐化し競合他生保にユーザビリティ・訴求力・リスク管理の機能が劣後する状況を脱すべくこれら機能を統合したCAP最新システムを導入

ユーザーニーズ
生命保険会社B社は、代理店向けに代理店ポータルサイトおよび設計書・申込書システムを提供していましたが、これらシステムは長らく更新されておらず他生保にユーザビリティ・訴求力・リスク管理の機能が劣後する状況となっていました。
その結果、代理店営業担当者の労力が代理店の照会対応等のサポートに費やされ、また代理店が同社の商品を選好せず代理店チャネルにおける同社商品の売上は伸び悩んでいました。B社はこれら課題を根本的に解消すべくCAPの最新のシステムを導入しました。

導入事例3 生命保険会社C社 窓販チャネルのケース

窓販開始当初からの10年来に及ぶシステム導入の実績が評価され窓販商品Webサイト更新を一括受託

ユーザーニーズ
生命保険会社C社が銀行・証券会社の窓販チャネルに提供している個人年金保険・終身保険のラインアップは20商品以上にのぼります。これら多種にわたる窓販商品に関する情報提供は主にWebサイトを通じて行われていますが、一般向け、金融機関代理店向け、契約者向け等、対象層ごとのWebサイトが必要であり、またユニットプライス、為替レート等の情報を日々更新する必要があります。

PAGETOP