生命保険会社向けソリューション


導入事例1 ソニー生命保険株式会社のケース

「新営業支援システム」「ペーパーレス申込手続」「新顧客管理」による質の高いコンサルティングフォローの実現に向けたシステム構築において、CAPがメインベンダーを務めました。

システムのニーズ及び機能

ソニー生命保険株式会社(社長 井原 勝美 氏)は、「コンサルティングフォロー」をさらに充実させるためのプラットフォームとして「共創プロジェクト」の第2フェーズをリリース。

この第2フェーズでは、新型端末を導入して、ソニー生命が先駆的に確立してきたライフプランニングをベースとしたシミュレーションシステム(LiPSS)などの営業支援システムを刷新するとともに、生命保険の申込み手続きのペーパーレス化を実現。タッチ機能、手書き機能、自動引受査定エンジンを利用した告知手続機能、スマートフォンと連動した撮影機能などを搭載した新端末により、申込内容等の視認性・わかりやすさを格段に向上させるとともに、手続き負担を大幅に軽減。

ソニー生命保険共創戦略プロジェクトストーリー

2010年1月 ソニー生命株式会社 共創戦略プロジェクトの開発が始まった。

ライフリスクマネジメント(LiPSS)がリリースされてから15年を経過し、設計書システム・申込書システムを全面的に一新し、最先端のIT環境に基づき生命業界に新たなイノベーションを創造する、革新的プロジェクトが共創戦略プロジェクトである。

ファーストリリースが2012年10月と、2年10ヶ月 予想工数2,500人月に及ぶ巨大プロジェクトである。

2009年12月にベンダー各社のプレゼンテーションのもと、CAPがプライマリーベンダーとして受託した。まさに生保業界最先端のシステムの成否は、我々CAPの設計力・開発力に託された。クライアントの目標は、わがままで妥協を許さない。CAPはいかにプロジェクトを完成に導いたか?

STORY 1 プロジェクトの目的をいかに設定したか?
Capital Asset Planningのアーキテクチャー

ソニー生命株式会社共創戦略部が設定したプロジェクトの最大の目的が、バックオフィスの革新であった。通常、保険契約締結に至るプロセス、書面は、膨大で、かつ複雑である。これらのペーパーワークをペーパーレスに転換できれば、相当な事務処理の効率化が期待できるはずである。

第二の目標は、ソニー生命は90年代既にノートPCによる顧客への提案を始めていたが、ネットさらにはタブレットPCの登場により従来の営業スタイルを変革できるのではないか。

第三の目標が、契約者にネットを活用し、パーソナライズされたコンサルティング機能を提供しようというものである。
これらの目標は、90年代半ばにソニー生命ライフプランナーが始めた、PCによる営業スタイルを、2010年代、最新のテクノロジーを活用しながら、全く新しいイノベーションを創造しようとするものである。即ち、生保デジタリゼーションの実現という壮大な目標である。

1995年にソニー生命ライフリスクマネジメントシステム・設計書システム・申込書システムの開発を担当していた我々CAPにとっても、電子署名のテクノロジー、申込ペーパーレスの要件、タブレットPCの機種が全く決まっていない中での手探りのスタートであった。何よりも、CAPにとって2年半、2,500人月が予想されるプロジェクトマネジメントが実行可能なのかという点であった。

プロジェクト工程表

プロジェクトマネジメントは、CAP取締役 里見があたった。里見はCAP開発チームを機能別に7つに分けた。

問題は2012年9月の第1次リリースが死守されなければならないということ。そのためには要件定義工程・設計工程が当初の期日どおりに終了しなければならない。顧客の盛り込みたいという要件・期待は、膨大である。申込ペーパーレスに対する仕様も想像を絶し、要件定義工程は1年を超えた。これらの顧客の要件を折込みながらもゴールに円滑に着地するためには、多様な要件の中から、適切な捨拾選択が求められ、かつ正確なドキュメントへの記述が必須となる。

里見にとってはクライアントとの日々の接渉と交渉が、新たなテクノロジーのシステムへの反映以上に厳しい業務となった。共創プロジェクトを構成する7つのシステムの部分最適を目指すと共に、プロジェクトの全体最適を図るということが里見の最大の関心事となる。折しも2011年3月11日、設計工程真只中に発生した東北大震災。しかし里見のタスクは、翌週からの作業も何も無かったかのように円滑に継続することである。

ソニー共創戦略プロジェクトの成否は、ひとえに里見のプロジェクトマネジメント能力にかかっていた。

STORY 2 バックオフィスの効率化はいかにあるべきか?

共創戦略プロジェクトの3つの課題の中で、最大のテーマが、バックオフィス革命を起こすということである。即ち、最新のテクノロジーを駆使して、事務処理から徹底的にペーパーを廃し、保険業務のデジタリゼーションを実現するというテーマであり、まさに生保業界の新たなイノベーションを創造するというテーマである。

生保デジタリゼーションは、図のように営業社員に向けたデジタリゼーションと、支社長・営業所長のためのデジタリゼーションの2つに大きく分けられた。

生保デジタリゼーション図

これら7つのシステムはチームリーダーがそれぞれのプロジェクトの品質と進捗を管理する。部分最適を実現し、チームを率いるプレーヤーがチームリーダーであった。

STORY 3 顧客接点の高度化をいかに実現したか?
VAIO(R) duo 11

タブレットモードとキーボードモードをワンアクションで切り替えられる「VAIO(R) duo 11」付属のデジタイザースタイラス(ペン)による手書入力にも対応

ペーパーレス申込手続イメージ

ペーパーレス申込手続イメージ

共創戦略の2つ目の目標が顧客接点の高度化である。ノートパソコンを活用した生保の営業スタイルを想像したソニー生命が、最新のハードウェアであるタブレットPCを5,000台導入し、最大限ネットへの接続時でのオンライン活用、さらにはオフラインの環境においても生保セールスの付加価値化、事務処理における効率化を実現しようとするものである。

機体はソニー製VAIO Duo 11がソニー生命のために開発された。

これらがいかに実現されたかはソニー生命ホームページ内で詳細に掲載されているが、以下のとおりである。

タブレットPCによる新システムで顧客への提案を高度化、付加価値化し、入力情報を即、ホストへ転送する。


  • 画面の表示項目にタッチペンで入力して手続を進めていきます。
    お客さまにとって重要な事項については強調して表示します。
  • 自署はタッチペンを使って画面上で行います。
  • 申込内容は申込手続完了後、WEB上でお客さまご自身がいつでも確認することができます。
  • 申込処理を迅速に進めることができ、従来より早く保険証券をお届けすることが可能になります。
告知手続きのペーパーレス化
  • 告知についても、画面上での手続を実現しています。
  • 自動引受査定エンジンを利用して、告知いただくべき傷病がある場合にはその傷病に沿った質問を表示し、
    質問に回答するだけで告知を完結できる方式(質問回答方式)を採用しました。
    これにより、お客さまに分かりやすい手続が可能となりました。
口座振替登録のペーパーレス化

新端末を使ってネット登録手続にて保険料振替口座の登録が完結できる方式を新たに採用しております。

健康診断書のペーパーレス化

これまで書面でご提出いただいていた「健康診断書」等については、担当者がスマートフォンで撮影した画像データを新端末と連携させて、機微情報を含む画像データをスマートフォンや新端末に一切残すことなく伝送することで、機微情報のセキュリティーを強化し、安全でスピーディーな手続を実現します。

ソニー製VAIO Duo11は、ノートパソコンとしてキーボード入力が可能であると共に、スタイラスペンで入力が可能なタブレットPCの2つのスタイルを持つ。ライフプランナーがシュミレーションした生涯資金繰りを確認すると共に、顧客自らが申込書を入力する。まさに顧客接点の高度化を実現した。

STORY 4 個の情報をいかに活用すべきか?
生涯マーケティングを実現する統合顧客DBの構築
統合顧客DB図

従来の生保フロントエンドシステムで、顧客情報が十分に活用され、お客様自身の事後のコンサルティングに、完璧に役立ったとはいえない。また、取扱者の顧客管理の為、クロスセルに十分に活用されたともいいきれない。今回のシステムは、個の情報を最大限に活用し、分析可能とし、顧客との生涯にわたるライフステージ毎のコンサルティングを実現する統合データベースを構築することが目標であった。即ち、生保CRMの実現である。

新顧客管理システムチームリーダー写真
新顧客管理システム

60人程のメンバーのチームを率いるため、チーム内ヒエラルキーを明確にし、レポートラインをはっきりさせることで、指示伝達がスムーズになる工夫を行うことが必要と考えた。
管理業務は、リーダーとサブリーダーで行うことで、現場メンバーは作業に専念できる体制を作った。しかし管理資料に対しての顧客要求が高く、顧客のニーズ全てに応えられなかったことが残念であった。


家族の生涯設計システムチームリーダー写真
家族の生涯設計システム

直近で担当したプロジェクトは、今までに比類のない大規模なプロジェクトであった為、どの開発工程でも常に、大小さまざまな問題が発生し、想定通りに作業が進まないという点で非常に苦労した。
それらの問題点に対し、各メンバーの作業が滞らないよう、他のリーダーと連携を密にし、早期問題解決に努めた。


設計書・申込書システムチームリーダー写真
設計書・申込書システム

業務要件に対する理解力および仕様変更に対する柔軟な適応力、技術的にハードルが高い要求についても一定のフィージビリティーを確保出来る開発力、この巨大プロジェクトのゴールを陰で支えたのは、それらを兼ね備えたCAP開発チームのメンバー達であった。


新契約ペーパーレスシステムチームリーダー写真
新契約ペーパーレスシステム

申込書のペーパーレス化という、保険業界においても新しい領域であった為、テクノロジーと、想定される事務手続きを模索しながらの開発となった。
上流工程ではお客様と一体となり業務・技術課題を検討し、下流工程では開発メンバーとともに設計製造における課題を検討しつつ開発を進めた。
使用機種がファーストリリースの5ヶ月前にやっと決定され、設計どおりの動作が可能なのかが最大の心配事項であった。


共創プロジェクトにより実現できたイノベーション

2012年10月、2年6ヶ月に及んだ共創戦略システムは、厳格な受入テストの後、ファーストリリースにこぎつけた。しかし、この巨大なシステムは、ライフプランナーの現実の使用に耐えうるものなのかは、この時点では未知数である。

折しもソニー生命は、生保販売キャンペーン期間が始まろうとしている。キャンペーン期間中に新システムをテスト稼動させることなど、常識的には考えられない。しかし、ある支社長がテスト稼動に協力し、その管轄のライフプランナーに、1年間で最も忙しく、かつ成果を出さなければならない時期に、新システムのテスト導入をしていただけることになった。共創戦略部スタッフは、新システムの1からの操作説明、ライフプランナーからの質問に連日連夜答える日々が続いた。そして徐々にライフプランナーからの認識が構築されていった。キャンペーン期間が終わろうとする頃、ライフプランナーの多くが同じ確信を持つに至った。「もうペーパーレスから元には戻れない」と。

共創戦略プロジェクトが生保業界にもたらした、
新たなイノベーションとは、以下のとおりである。
支社 拠点に持ち込まれる新契約書類の徹底的削減
申込書・取扱報告書・適合性以降確認書・告知書等の新契約書類が
ペーパーレス化が実現した。
生保販売員 契約成立のスピードが速くなり、急な申込の要望に対応でき、
事務作業の記入漏れが皆無となった。
支社長・営業所長 事務処理が劇的に減少した。事務処理の不備が激減し、
販売員の活動管理が確実なものとなった。

結果として、ソニー共創プロジェクトC-SAAFシステムは、
生保販売事務のデジタリゼーションを実現した。
CAPは遂に生保業界に新たなイノベーションを創造することに成功した。

開発技術

構成 クライアント・サーバーシステム
クライアント Java Swingコンポーネント
データベース ホストDB2、JavaDB
サーバー AIX、Websphere Application Server
その他 ESB、JSON、SOAP、Javaバッチ、COBOLバッチ、
Jenkins(CI)、自署アプリ、告知パッケージ

「ライフプランナー」および「ライフプランナーバリュー」はソニー生命保険株式会社の登録商標です。

「LiPSS」および「Life Planning Support Service」はソニー生命保険株式会社の登録商標です。

PAGETOP